LINK
始めに、一般の人が破産を申請するまでの時間は負債者個人に対しての電話を用いた返済請求と、返済者本人の住所への直接訪問によった取り立ては法律違反というわけではないということです。とりわけ、自己破産に関する正式手続きに入ったあと実行までに長い時間がかかる場合では債権保持人は無理矢理な回収を実行する危険性がアップします。債権保持人側からすると借金の返納もされないまま自己破産などの法律の処理もされないといった状況であると会社内部で対応を行うことが不可能になるからです。また、債権人の過激派は法律屋に連絡していないと知ったなら無理矢理な締め上げ行動をしてくる業者もいます。司法書士団体もしくは弁護士団体に助力を求めた際には、個々の債権保有者は借金した人に関する直接取り立てを続行することが認められません。要請を受け取った司法書士あるいは弁護士の人は任されたと記した書類を各権利者に配達することになり、各取り立て会社がその通達を確認したならば返済者は取り立て業者による強行な返済要求から解き放たれるわけです。ちなみに、債権者が勤務地や故郷へ訪れる収金は貸金に関する法律の規程で禁止事項になっています。貸金業として登録されている会社であれば勤務先や親の自宅へ行く集金は法に抵触しているのを理解しているので、伝えれば、違法な収金を継続することはないと言えます。破産に関する申し立ての後は申請人にあてた徴集を含めて返済要求行為は禁じられますので債権者からの集金行為はさっぱりと消えることになります。けれどもたまに禁止と分かっているのに接触してくる取り立て企業も存在していないとは考えられません。事業として登録している会社であれば破産に関する申し立ての後の徴集行為が貸金に関する法律のルールに違反しているのを把握しているので、違法だと伝達すれば、そのような収金をやり続けることはないと言えます。けれど裏金と言われている登録していない取り立て屋についての場合は常識外で、違法な徴集行為などが理由の被害が減らないのが現実です。違法金融が取立人の中にいそうなときには弁護士法人または司法書士法人などの法律家に頼むといいといえます。